健康診断うらばなし

健康診断から示される健康評価の視点

前回はKAZ健康院についてふれましたが、疾病と健康をどのように捉えるかという概念が示され、具体的な形として示された事例として紹介してみました。そこでは健康者の健康診断データにファジー推論を使って評価するシステムが導入されました。

その基本理念構築に奔走したのは、立ち上げ企業の直接担当者であった茂木和男氏・平嶺健二氏でした。

 

 

他方、1989年の日本産業衛生学会に「検査成績の長期間観察による個体内変動の検討、野田治代・福田笑子・鷲崎 誠」の報告がありました。職場で働く健康者のデータからの知見です。

 

これに茂木和男氏・平嶺健二氏が注目し、ファジー推論(医師の医療診断判定知識をコンピュータ化する時の理論→→人工知能)を使って評価するシステムへの活用が試行されました。加えて産業医の鷲崎誠医師の協力や大島清京都大学名誉教授の支援も多大な貢献となりました。

 

 

これは、KAZ健康院開設より前の1992320日、朝日新聞に「健康診断は“ファジー”に」と経済面の報道で紹介されて、企業の健康管理センターなどへの導入も多々ありました。

 

しかし、健康診断結果を健康視点から明確に評価することへの確立の壁が高く、疾病(病気)の視点からの判定が中心の状況が続きました。当時、健康の評価への確かな評価尺度が広く認められない時代でした。

 

 

当時、関わった人々は「時代的に早かった・早すぎた」との思いを語っていますが、医療費増大は先ず健康についての取り組みが先決で、

健康学の確立が待たれます。

 

| | トラックバック (0)

人間ドック受診機会

人間ドックの言葉は広く知られていますが、歴史的に見れば予防医学の発展進化の結果と考えられます。当時、船はDockに入っていろいろの点検と船体の補修を行ったのであり、人間も入院して体の点検・補修(治療)をするべきだとの観点から発足したようです。60歳以上の方々にとっての人間ドックの言葉には、かつて高嶺の花・手の届かないステータスの意味合いの記憶があると思います。

 

人間ドックの始まりは昭和291953)年ですが、受診時費用は当時の医師初任給の4倍の費用が必要でした。昭和40年代に入ってもサラリーマンには手が届かない費用で受診機会は少なかったと思われます。

 

時を経て、人間ドックは日常的に身近なものになっています。企業の健康保険組合の健康増進の取り組みとして、また企業の福利厚生制度のカフェテリアプラントの中に、人間ドックが組まれています。個人の負担は安価であったり、なしであったりしています。

 

歴史的に見ると格段の変化です。

 

人間ドックの目的の1つに早期発見・早期治療がありますが、完全な早期発見は不可能としてもより完全な早期発見を目指すために、1週間を要して高額費用になっていました。

 

 

しかし、医学技術の進歩と医療関係者の努力でサラリーマンに人間ドック受診の機会が出来ました。1泊か日帰りが現状の人間ドックです。かつての人間ドックとの違いは1週間と時間を要した点と高額費用です。

 

より完全な早期発見を目指したための違いがあると考えます。即ち完全な早期発見は目標ではありますがより完全な早期発見を目指した医学技術の進歩で、時間的に短縮しより安価な人間ドックが誕生したわけです。ベストではなくベターになったと考えるのが妥当でしょう。

 

では、さらに詳細については次回乞うご期待を!

| | トラックバック (0)

健康診断の呼び名にも歴史

 

あなたが受けられる健診の呼び名は健康診断・成人病健康診断・人間ドック・生活習慣病健診のいずれかではないでしょうか。それぞれの違いを検査項目数で考える方も多いわけですが、前回では先ずご自身の年齢を考えることを紹介してきました。

 

 

 

そこでは、一般に35才が重要な分岐点であることから、35年間のライフスタイルの違いを検査値に対応した個人差が出始めることを紹介しました。ライフスタイルへの注目が出始めた瞬間でした。

 

 

 

そして健診機関や病院で、従来の健康診断を生活習慣病健康診断へと、呼び名を変えるところが出できました。以前、成人病健康診断と呼んだものも生活習慣病健康診断と呼び名を変更したわけです。このような背景から成人病健康診断の名称と、生活習慣病健康診断と名称が変わっても内容についてはほぼ差が見られないわけです。

 

 

 

一方、過去の成人病健康診断の結果を分析した学術報告で、35歳より高年齢者についてはライフスタイルと健康診断結果の関連性がより明確に示されました。成人病健康診断で異常な結果が出た項目は、ライフスタイルつまり生活習慣の積み重ねとの関連結果によることが判明したわけです。

 

 

 

高齢社会の日本ですから、ライフスタイルは様々に個人差がでることは明らかです。

 

 

 

次回は人間ドックについて述べたいと思いますので、乞うご期待を!

 

| | トラックバック (0)

企業の健康診断担当者の姿勢はさまざま

大企業の景気に明るさが報じられる今日この頃です。健康管理と企業活動の密接な関連性を指摘する研究者があり、健康経済・健康経営などの用語や研究会もあります。つまり、企業活動の明るさ回帰は健康診断や健康管理に携わる関係者に、業務の充実と貢献の可能性へ期待がかかるところです。

 

 

若い方々の健康診断は安全衛生法と健康増進法に従い、業者である外部健診機関へ依頼して実施されます。財団である外部健診機関は多数の企業と契約しています。健康診断が企業の担当者と外部健診機関で運営されることから、企業の担当者の言動が企業として高く評価にされることもあります

 

そこで今回は、健診担当者についてのうらばなしを書いてみましょう

 

景気が悪くなると、経費節減の流れが強くなるのは必然的です。健康管理の分野ではここに落とし穴があります。信頼性は度外視して、法律のクリア第一の要望のみに固執し自身の知識不足を認識せずに、高圧的態度で常識をこえた要求をする担当者がいるようです。業者方の担当者はただひたすらに低姿勢で対応することが多く、めったにないと考えますが土下座を要求された事例を耳にしたことがあります。

 

人事異動で健康管理部門が希望分野にあがる企業は少ないのではないでしょうか。関心度が低いために担当者の業務実態が社内評価の対象になりにくく、さらには経営層の関心も営業分野よりはるかに低いと考えます。このような背景から、当事者が一見節約・経費節減に見える方策を声高らかにうたい、評価されるなどの事例があるわけです。

 

見かけ上のコストダウンでも実質的損失があり、真の費用便益や高レベルの判断ではない実態があります。専門家は目立つことが少ない健康診断業務とはいえ、企業の人財育成の基礎になるとの強い意志とプライドを持った担当者像を期待しています

 

 

他方、外部健診機関からは高いレベルでの健康管理を目指した共同作業は望めない事業所が多々あるとの声が出ています。外部健診機関のうらばなしとして、根拠やビジョンがないままにやたらと<いばる>担当者がいると言いたいのではと感じています。

 

 

これでは企業イメージの損失です

あなたの会社の担当者はどちらでしょうか?

 

 

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

健康診断で見える自社担当者のやる気

eye

新入社員の皆さんへ、前回は入社後に健康診断のスケジュールが組まれることを紹介しました。ここでは、会社訪問時には分からなかった、会社のある一面を知る機会になるところを紹介したいと思います

eye

健康診断を企画立案する、本社担当者や健康保険組合担当者の姿勢や意欲が、健康診断に直接反映しています。社長や理事長の社員への思いをより良い内容に実行されているかは、いわゆる中間管理者に係わるわけです。

企業では営業業務等への関心に比べ、比較的社員の関心が低い領域が業務となります。そので、行政の指導のみに忠実な業務遂行や費用の削減のみに配慮している事例が、多々見られています。

かつて、大企業は自らの健康診断実施部門を持つなどしましたが、昨今の経済状況などから実施場所は社内としても、外部健診機関委託が一般的になってきました。どのような委託がされるかで、担当者の中間管理者としての評価が決まると言うわけです

eye

企業理念を健康診断実施にどう構築されるか、いわゆる人を大切した人材確保の考えで暖かさが、基本にあるかのポイントです。ヘルシーカンパニーやCSRの理念は企業のパワーになるとゆうことが、認識されているか判明することになります。

annoy

実は、価格交渉にのみウエイトをおき、その成果を重視する担当者も多々います。担当者の評価を経費削減のみの場合は、学生時代の健康診断時の担当者(血圧測定・採血・問診・診察など)との比較で、感じることが出来るのではないでしょうか。学生時代には、優しく対応されていたと確信します。さて、あなたの会社はいかがでしょうか?

annoy

他方、健康診断の精度を重視して価格的には高くとも、実質的価値観で選択する担当者もおります。この場合、医学関係者がいない社内では理解されないところで、広い知識からの選択です。実のところ、医学の場合に低価格の設定は、レベル低下をすれば簡単だと言えます。つまり精度を下げれば安価にすることは可能です。

heart04

さあ、健康診断会場で自社の担当者の姿勢を観察するのが楽しみ・・・・・・・

                           heart04      

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

健康診断受診日の選び方

毎年健康診断を受けられる方は多いと思います

mailto

サラリーマンの場合は、受ける日時が会社から案内されるのではないでしょうか。

                                       annoy

スケジュール的に都合が付かない場合には、相談で変更となるのではないでしょうか。しかし、受ける日時は個人に選択が委ねられる場合もあります。定年退職された方や主婦の方々の場合も個人に委ねられるわけです。

そこで、

今回は受診時期の選択にあたり、少し述べてみたいと思います

健康診断の実施時期については、様々な要因により年間に一定の流れがあるわけです。概ね、春と秋が健康診断関連機関は多忙期とされています。

                                        annoy

会社が健康診断実施時期を決めるにあたり、代表的な要因として新入社員の雇い入れに伴う健康診断・人事異動で海外赴任に伴う健康診断・企業活動の年間スケジュールなどがあります。そのような事柄を考慮したうえで、健康診断の実施時期が決定されるわけです。

そして、健診機関や病院には多くの団体や企業からの申し込みが殺到して、双方の都合から日時の決定となります。

会社の担当者が一括窓口になる場合は、そこからある程度の枠内で個人の受診日時が決定されことになるわけです。スケジュール的に都合が付かない方の変更などは、会社の担当者が対応することになります。

                                          annoy

さて、個人で日時を選択する場合ですが、多くの団体や企業からの申し込む時期をさけられるのがおすすめです。買い物など混雑のなかで出かけるよりおの項でものべました事情から、比較的空いた時間帯に出かけることを考えるのと同じです。

大まかな提案ですが、前の項でものべました事情から健診機関や病院では春と秋は健康診断業務がピークです。

このようなことから、1月・2月や夏休み期間などは、

                 健康診断受診がゆったりと受けることが出来るので、

おすすめとの情報提供です。

heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

健康診断と被爆線量

早期発見・早期治療のスローガンでスターとした健康診断は、大いに成果をあげてきました。今では健康の保持増進を念頭にした、健康管理の時代へと進化してきました。健康診断への期待は大きいわけですが、健康診断の期待内容は個人により差が感じられます。

今回は健康診断の受診に際して深く考える必要性として、複数や重複受診機会について延べたいと思います。健康に関心が高い・病気への不安感が強いと思われる方に、健康診断の複数や重複受診をしていらっしゃる事例があります。

この複数や重複受診では熟慮と工夫が賢明と思われる話題です

danger

健康診断にはレントゲンを使用する項目があります。

今、日本が大惨事に見舞われている東京電力福島原子力発電所の報道に、被爆線量の言葉があります。被爆線量の解説の中に、幾つかのレントゲン検査に関係する線量が示されています。このニュースから健康診断の被爆線量について、初めて認識された方もあるのではないでしょうか。そして、中にはご自身の健康診断受診が的確ではなかったのではと、感じられる方もあるかと思われます。

実は、健康診断の受診機会が複数ある方で、

全ての機会を活用する方があります。具体的には、ご主人の職場の案内で受診、ご自身がパートで働く会社の案内で受診、市区町村の案内で受診、と全てを受診する方がちらほらおります。

この場合受診間隔を考慮の上であればよいのですが、考慮不足と感じる受診は気になるところです。今回の東京電力福島原子力発電所事故の報道から、健康診断受診には被爆線量を考えることも賢明な選択と気付かれた方は、どの位おられたのでしょうか。

また、職場の健康診断を軽く考えて、同じ項目も含めてさらに多くの項目がある健康診断を別途受ける方があります。やはり、被爆線量の話題が気になったのではないでしょうか。項目のみを考えるのではなく、トータルに捉える必要があるわけです。

項目が多ければ良いかもしれませんが、そのため被爆線量も多くなることも視野に入れ複数・重複検診についてはよく検討し、専門家に相談することをおすすめします

danger

さて、病院受診時に検査のオーダーをだしてもらえないとの不満の声があります。医師の検査項目の指示には、様々な判断があるのではないでしょうか。検査項目が多ければよいとは言えない場合もあるわけです。

他方、早急な診断と治療が必要な場合や緊急性がある病状で診断が必要な場合は、被爆線量への配慮よりも優先して検査を実施せざるを得ない多くの検査項目が必要な場合もあるわけです。

医師の熟慮の上の判断があるわけです。

                          heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

健康診断項目に経営層の姿勢や判断

10年ほど前は健康に興味がないと思っていた昨今の同世代に、健康診断への関心が高かまってきたと感じ喜んでいます。健康管理について自律の高まりを感じます。特に、女性の自律が感じられます。会社の健康診断の時期になれば、話題となっている関心事項は従来も現在も体重です。健康診断の日時に合わせて、減量に努める女性の会話が目立ちます。

しかし、最近では、体重だけでなくその他の話題についても関心が高いことが、アフター5のお店の会話を耳にして感じるところです。つまり検査の項目にも関心が及び、女性のがん検診への会話も耳にします。また、雇用形態から正規社員であるかないかで健康診断項目を比較する会話もチラホラきこえてきます。

                                                                                              そこで、今回は健康診断の項目に関する話題です。

健康診断の検査項目は確かに差があるわけです。先ず、年齢による違い・性別による違いは、法律に従い決定されています。正規雇用と非正規雇用での差はないはずです。しかし現実に差がある場合もありますが、それは法律に従う以上に、項目が追加されている場合です。会社の経営者の姿勢や経営理念・労働組合の姿勢・健康保険組合の姿勢などからの違いで、社員の健康を企業の財産であるとした考えによる追加項目です。

これはヘルシーカンパニィーの概念です。

さて、追加項目を有期雇用者で健康管理差別的発想は偏見が強いと考えます。追加項目の検討は産業医や専門家の参加もあり、適性項目の熟慮結果による選択が推測されます。雇用契約や仕事内容に応じた適性項目の選択はあるのではないでかと思われます。トラックランナーとマラソンランナーへのサポートの差があるように、適性が熟慮されていると考えます。

                                              さて、法律による項目差の概略を紹介しておきます。年齢が35才や40才以上と35才を除く40才以下で項目の違いが示されています。また、男性と女性で項目の違いがあります。この場合医師の判断が前提にあり、必要性が検討の上で省略がされています。この判断は医学上からで、項目が多ければ良いのではなく、必要性が低いか無いかの判断がされているわけです。ただ経営的に費用面から、意見介入の否定は出来ないのではと考えます。

danger

具体的には、項目の追加は費用の問題があります

のちに成果主義に走りすぎたと言われたタイプの人が経営企画・人事・総務担当に当たった事例では、費用面を重視した意見が優先したと見られました。法的には問題なく理論的にも問題がないとの思考と、現場の意見と医学的検証をしないままの提案が経営層に評価されるわけです。この場合、経営者がその成果主義の提案を総合的に読み取ったかによるわけです。

                        heart04

さて、皆さんの企業はどのような健康診断内容でしょうか?

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

血圧計で発見です

健康診断の項目に違いがあっても、健康診断結果票に必ず示されている項目に血圧の値があります。多くの皆さんに馴染みがある項目ではないでしょうか。そして、家庭に血圧計を所有される方も多く、有効活用から自身の健康管理に努めて日々元気な方も多いと推察いたします。

今回は、この血圧計でちょっとした雑談です。一般家庭にある血圧計のタイプでよく見かけるのは、腕(上腕)に巻いてボタンを押すだけの自動的に測るものです。ここで友人の発見話の紹介です。

それは、腕に巻く部分の形がメーカで違うことに気付いたというのです。既に気づかれた方いらっしゃいますか?始めて聞かれる情報であれば、そして興味をもたれたらさっそく家庭にある血圧の観察をおすすめです。電気店で幾つかの血圧計が展示される場所に立ち寄り、観察されると面白い発見があると思います

eye

友人によりますと、2タイプがあるそうですが、さっそく観察したところなるほどでした。腕に巻く部分が長方形のものと、ややカーブした緩やかな扇型のものがあります。

発見です!後者はオムロンの製品でした。

eye

早速メーカに尋ねましたところ、知的財産がとりこまれた自信に裏打ちされての開発商品とのお答えがありました。長年日常的に使用している血圧計でしたが、新しい発見でした。改めて観察して気付かれる方もあるのではとご紹介してみました。

                         heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

少ない健康診断活用の達人

趣味の会には定年退職者の参加が見られ、話題のひとつに健康診断のことがあります

耳にした話ですが、

danger 退職後も会社の健康保険組合からの案内で従来と同じ内容で受診の人・同じ案内でも従来と異なる内容で受診の人・自治体からの健康診断案内で受診の人・新しく勤務する会社が加入する健康保険組合からの案内で受診の人・従来から自治体の案内で受診の人、と

健康診断の案内状送付の組織や健康診断内容がさまざまのケースがあるようです。danger

そして、従来と同じ内容の健康診断システムで受診出来ている人以外は、typhoon 退職後の健康診断に項目が少ない不満の声がありました。もっぱら検査項目数が話題です。項目が少ない人は口々に別途病院に行くとの話でした。

さて、膨大な医療費の増大のまえに、

健康診断は早期発見・早期治療の概念で厚生労働省の施策として推進され、広く普及してきました。そして、次の段階としてさらに予防へと進化した施策を示してきました。

予防による医療費の軽減を目指したわけです

しかし、 annoy 今回の定年退職者の会話からは医療費抑制の目指達成は困難と危惧したところです。遭遇した定年退職者の話題や健康行動から、健康診断大好き!病院受診大好き!との感触を受けました。そして、annoy 健康行動や行動変容の理念が伝わっていないと感じたところです

他方、

健康診断に満足の方には理想を見た思いです。大企業の定年者で健康保険組合は退職後も加入が可能のようです。若い時にインシュリンの分泌量が低いために血糖値が高いことが健康診断から判明した時から、

1週間に10万歩のウォーキング目標がライフスタイルとなり、

血糖値を正常値に維持しているというわけです。血糖値は自己測定でした。感動です!heart04

clip

日本産業衛生学会に参加する産業医が在籍する企業は大企業が殆どで、そこには単一の健康保険組合や総合の健康保険組合があります。企業と健康保険組合で社員の健康のために様々な取り組みがされています。ここが自治体の取り組みとの差と感じています。

具体的には、

自治体が関係する場合は健康診断の実施で受診場所が多いという利便性があるようです。会話からは検査結果の説明は認識されているようですが、あくまで項目数へのこだわりです。受診者への行動変容への支援活動は会話にのぼりません。

多分受診時にはライフスタイルが説明されていると推測しますが、医療機関内の実施のために疾患への概念が双方に潜在的にあるのではないでしょうか。

clip

健康には専門性があるわけですが

現在の日本で健康を専門とした医師は少なく、その専門性の認知度が低いのも現状です。医療機関のスタッフに産業看護職が見当たらないのも現状です。産業看護職の有資格者は少ないのが現状ですが、派遣などの活用であれば供給は可能とではないでしょうか。

8月7日の読売新聞に clip

ワールド健康保険組合の安倍専務理事は論壇で、健康づくりと医療費抑制で健康保険組合の活動について述べられています。多くの人に健康保険組合のあり方など参考になったのではないでしょうか。

ご自身が加入していた健康保険組合が

健康保持増進に深く配慮したプログラムを用意していたか、

健康診断の機会均等が主体のみであったか、

定年退職後に分かることもあるのではと趣味の会の定年退職者と話題にしたところです。健康保険組合の活動により皆さんが受けられるサービスにはおおきな差があるのが現状です。

受診者には直接的に関係しない部分を紹介しましが、この様な状況が健康診断の有効活用としてご自身に関係してくるところを話題にしてみました。

heart04

                                         heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)