産業看護領域記事

産業看護職への期待―基準値変更の情報から

日本人間ドック学会と健康保険組合連合会が、平成23年に人間ドックを受診した150万人のデータ解析(重篤な既往歴がなくかつ薬を飲んでいない極めて健康な男女のデータについて統計分析)で基準値を発表したことで、様々な分野から意見がでています。そして、今年9月に開催の人間ドック学会への関心が高いようです。

他方、一般の受信者からは混乱の声もあがっているのは周知のとおりです。

 

今回はこのような動きに対して、ある1つの意見として産業看護職の皆さんへの期待を述べてみたいと思います。産業看護職の方々の意見が重要な意味があると考えるからに他なりません。


大企業は戦後間もない頃より保健室・医務室などの部署に、疾病と安全衛生を中心とした業務内容で看護職の常勤がありました。近年では安全衛生法により産業医が義務づけられ、業務内容も健康保持増進と安全衛生が中心へと推移し、健康診断の充実もあります。医師の活躍分野となってきたわけで、長期にわたり社員を観察(看た)したという点では看護職の歴史には及ばないのではないでしょうか。


社員の日常と健康診断の検査値を長期に見とってきた経験則があると考えられます。勤務する健康な社員の日常情報即ち現実が、つまりエビデンスのまえには現実があるわけです


具体的には、健康診断で要再検査・要精密検査との判定が示された社員はその後どのような経過をたどったかについて、事実を知りたいわけです。これについての情報を看護職の方々は、定年までの状況や定年後の状況そして社員の本音を経験則としてお持ちと推測します。


さらに言えば、要再検査・要精密検査との判定が示された社員の定年までの状況や定年後の状況からの疑問はありやなしや。検査値については日本人間ドック学会・日本糖尿病学会・日本肥満学会・日本臨床病理学会はじめ多くの学会でエビデンスに基づく見解がありますが、そのエビデンスの対象は何かです。


検査値が多数集積されても、その背景情報の質の問題があります。


そこで、健康で働く対象者のエビデンスは現場からと考えます。先ずは、エビデンスの前に事実の観察・実態への注目からと考えるところです。社員との距離感が最も近い位置にある方々の経験則を今期待したいところです。


今回の基準値問題への発言を産業看護職の皆さんや最近発足した日本産業看護学会に期待したいところです。

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

心電図所見でも解る体型

1986年第59回日本産業衛生学会に、「身体計測値に対する心臓電気軸偏位の検討(伊勢丹健康管理センター 野田治代・大槻和夫)」の報告があります。このブログでは20097月に体型と心電図所見との関連で紹介しています。今回は関連記事として、前回とは異なる視点からのご紹介です。

 


成人病健康診断・生活習慣病健診・人間ドックなど健康診断には、心電図検査の項目が含まれています。いくつもある心電図所見の種類に、RAD・LADと記載されるものがあります実は、その所見が体型と関係する傾向が認められるわけですが、前回はLAD(左軸偏位)と肥満の関係を述べました


 

この所見は心臓の機能を直接示すものではなく、形について示すものです。具体的には3種類、① RAD ② LAD ③ RADやLADの記載がない があります。誰もがそのいずれかというわけです。

 

袋状の心臓は左の胸にありますが、成人では多くの場合垂直よりやや左に傾いて位置しています。袋状の中心部分には電気的インパルスの通過する道があります。その道を電気的インパルス1回の通過により、心臓は収縮して血液を全身に送り出すわけです。このインパルスが通過する電気的通り道が、正常な傾きよりもさらに左に傾いているのが、LAD(左軸偏位)になります。逆に正常な傾きよりも右に傾く場合もあり、RAD(右軸偏位)になります。左にも右にも傾いていない場合は、あえて記載がされないところです。



 

LAD(左軸偏位)が肥満と関係しているのに対し、対比的にRAD(右軸偏位)はやせとの関係が見られます。若い世代に比較的見られます。胸に横幅がなく縦長でひょろりとしたやせ型の体型で、胸郭内がせまいわけです。このような体型の方に見られる所見ですが、若い男性のやせすぎで自然気胸など起こす事例などに見られる傾向が多々あります。中高年では既往歴に結核など肺機能に関連した所見がある方にも多々見られます。



  heart04

 

働く人々の保健活動で貢献される産業看護職の皆さんにとって、心電図検査を保健的視点からの見方・読み方として興味が沸く知見ではないでしょうか。


 heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!

人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

ご存知ですか 「健康生活を支援する健康診断」

春の健康診断のシーズンが終わり、手元に届いた結果票にはライフスタイルについてのコメント記載があり、既にコメントにもとづく行動の取り組みをする方がいらっしゃると思います。

さて、そのコメントは専門家・行政・学会などによる討議検討から、支援の用語が使用されるようになりました。職場の健康管理では特に特定健康診断で、支援という概念が使われるようになりました。そこで、今回は支援に関連したお話を書こうと思います。

健康診断のデータを、40才未満の集団と40才以上の集団で異常値を比べますと、40才未満の集団は問題にならないほど良いデータです。精密検査や治療が必要となる異常値は殆どないわけです。つまり、いつものように出勤して日常業務を行っている方の中に、病気が発見されるのは極々稀な事例という実態です。健康診断を受けるにあたり、何か病気があるのではとか病気がなければよいがと考える方は多く、結果に異常がないとほっとされるわけです

ところが、

40才以上の集団では異常値が見られる割合は格段に増加し、多くの人は40才未満の時の値より悪いレベルを示します。精密検査や治療が必要ではない程度の異常値の方が多いわけです。精密検査や治療が必要となる異常値の方がちらほらと見られます。

40才未満と40才以上のデータの差は日常生活の積み重ねによるとの判断から、健康診断に健康の維持増進が重要との理念が打ち出されてきました。個人の人生観には生き方方や健康観はそれぞれで、主役は個人です。健康診断を健康観で捉える成熟した時代となりました。

つまり、会社の健康診断には支援の概念が打ち出されてきました

例えば、腰が痛いとの自覚症がある場合に、データに異常がなく病名が否定されるとほっとされるわけです。中にはさらに詳しい専門的検査を受けて、異常がなくほっとされる方もあります。原因が見つからずストレスと考える場合もあるわけです。

このような事例に対して、


産業看護職が勤務している場合には支援の機能が発揮されます。先ず、働く場所での個人の作業姿勢などの知識による支援もあるわけです。簡単に問題解決する事例も報告されています。つまり、日常生活の蓄積から発症する健康問題については、若い時代からの生活の重視があります。主役は個人です。しかし自身のことについては見えないことが多いわけで、ここに支援の意味があるわけです。


問題解決は身近な個人で出来る、

         ライフスタイルにあることが多いようです。」

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

ご存知ですか 「会社の看護師と病院の看護師の違い」

式典帰りの着物やドレス姿の卒業生達が、街に華やぎ感を感じさせる卒業シーズンに、ほんの一時ですが3.11を忘れる光景がありました。この方々は4月になれば働く社会人でしょう。会社に入ると様々な行事が組み込まれているわけですが、健康診断もそのひとつです

学生時代からなじみの健康診断と思いますが、学生にとり就職活動前には診断書が必要となることから、特に3学年時には実益として捉えられていたと思います。

さて、danger 会社の健康診断は法的な位置づけがされています

会社には実施義務が、社員には受診義務が意味づけされています。学生時代の健康診断には費用の個人負担があったと思いますが、会社員の場合には費用は企業が持つことになります。

担当部署については、診療所・医務室・健康管理室・健康相談室・健康管理センター・健康推進室・健康科学センターなどなど、企業により様々な名称が使われています。実は、担当する白衣のスタッフを病院の看護師さんと同じに捉える人が多いのですが、実は大いに違うことをご紹介したいと思います。

産業看護師という専門性があります

clip

産業看護師とは、日本産業衛生学会の産業看護部会が認定した資格です。病院のドックや健診の場に働く看護師でこの資格を持つ方も一部ありますが、ごく少ない状況です。ポイントは労働の場を熟知した保健・健康の専門家です。

健康診断の結果の説明も病院とは異なることになります。日常業務を認識した社員のライフスタイルと健康保持増進への提言が出来るわけです。ここが一般の看護師さんとは大いに異なるわけです。

shine

では、入社後の健康診断を楽しみお待ちください

                                                               heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康診断で内出血のクレーム増加へ提案

会社の健康診断(以下健診)は、年間スケジュールに組まれているのがおおかたと思います。若い世代の方々には一部真剣に捉える人も見られますが、中高年世代に比べ関心が低いのは当然です。

この頃、外部健診機関でこの若い世代の健診について、厳しい現状が報告されています。健診の長い歴史の中で、採血に関するクレームの増加があるようです。採血した部位が赤紫色に見える内出血があります。  annoy 採血者の技術が問題とされクレームが起こるわけですが、とに角ミスとして捉えられるわけです。

「健診モンスター」と呼ばれるような不幸な方向に行くことを危惧しています。

さて、クレームが持込まれるところとしては

① 健康管理担当の看護職や産業医へ

② 会社の人事部や総務部へ

③ 健康保険組合へ

などのようです。

annoy 本人からだけではなく、時には家族も一緒になってクレームを起こすケースもあると聞きます。ミスを起こした相手に対する問題提起や怒りの声でしょう

また人事・総務や健康保険組合の方々もミスと捉えている場合が多く、採血が上手な人材配置の要望が出されるようです。いずれにしても内出血が起きている事実が、採血した人の問題と考えられているわけです

hospital

他方、医療者は採血した部位が赤紫色に見える内出血の情報が届いた段階で、内出血の対応をすることになります。内出血部位の観察に基づいて、数日間の放置で吸収されるとの説明をする場合や、内科診察への対応をする場合があるわけです。実は、ここで医療職は内出血の理由をどうとらえているかです

                           

                            danger

この段階で採血した人のミスと考える受診者や人事・総務や健康保険組合の方々とは、目の前の内出血対応を考える医療スタッフとの間で、認識に差があるように考えます。

                            heart04

さて、健康診断会場の採血の場には多くの説明文やコメントなどがある筈です。採血のあとに、一定時間採血部位を圧迫しておく説明書があると考えます。実は、多くの場合この圧迫、つまり押さえに問題があると、内出血がおこります。採血の針あとを正しく適切におさえること、そして個人差があるのですが十分な時間おさえることで問題解決すると考えられています。つまり、内出血の殆どはご本人により回避できます。理解すれば全く問題なく、解決が考えられます。

                             heart04

しかし、医療職は内出血が起こる問題を、人事・総務や健康保険組合の担当者への説明で、共有認識をもたれることがよいのではないでしょうか。そこで社員の方々への広報が出来るわけです。専門用語ではなく一般的な説明が望まれます。訴訟をちらつかせてのクレームもあるようですから、早い解決が必要です。

今、東北の皆様が世界から賞賛されている日本人ですから、相互理解による解決は可能と信じています。

                             

                              heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

『よぼう医学』からの話題

財団法人東京都予防医学協会・財団法人予防医学事業中央会東京都支部が専門家に発行している『よぼう医学』第448号の記事に、タイトルが「科学的根拠に基づいた公衆衛生施策」がありました。それは、日本公衆衛生学会総会のシンポジュームの情報に基づく記事で、興味深く読んだところです。

hospital

さて、多くの方は健康診断に早期発見や予防を期待して受診されるわけです。その健康診断の内容について、疑問を持たれることは少ないのではないでしょうか。しかし、専門家の意見は必ずしも一致していない情報も多々あるのが現状のようです。

この様なことを耳にされたら、ご自身が受けられる健康診断の内容について専門家の意見を聞きたい・知りたい、と思われる方があるのではないでしょうか。 sign02

記事に、前立腺がんと関連する検査項目のPSAについて、臨床医からなる日本泌尿器科学界はPSA検査による前立腺がん検診を推奨しましたが、厚生労働省の研究班では有効性を証明する十分な根拠がなく対策型検診への導入を認めていないと紹介されています。annoy

book 項目によってはまさに有益性が議論され、未だ結論が出ていないものもあることから、広く専門家が集まりシンポジュームが行われたことが分かりました

実は、健康診断の項目選択は、

①法律にのっとり最低限の項目を実施している場合、

②事務担当者が一般的知識から選択している場合、

③臨床経験の少ない医師が文献知識から項目を追加している場合、

④専門家もうなる熟慮された項目を選択 

などさまざまな状況があります。項目を決定する人にどのような認識があるかが大きなキーワードとなるわけです。

danger

さて、健康診断などでの早期発見や予防は個人にとっては人生の得になり、会社にとっても得になり、健康保険組合や国にとっては医療費が安価になるわけです。

しかし、実際には検診の費用のみが重視されることが多いと言うわけです。

目先の検診費用にのみ注目して安さで選ばれることがあります。その場合、早期発見や予防に結びつかずに大きな出費となることは必須です。個人にとり通院や入院など・会社にとっては労働力の低下・健康保険組合の出費、と二次的三次的には大きな不経済が派生するところとなるわけです。

つまり、追加項目の内容が熟慮される以前に入札制度により価格のみが選択基準になる場合が多々見られます。公的な機関や成果主義に走りすぎる企業などで見られます。専門家から見ると早期発見や予防には期待できないとされるわけです。

danger

早期発見や予防の視点からみますと、項目選択によっては大きく異なることになります

このような意見は多くの医師に味方となる側面がありますが、利益誘導の視点でなく学術的かつ人格的に高い評価の医師による検査項目選択が重要と感じるところです。

danger

政治の世界で「事業仕分け」が話題となりましたが、個人の生活でも賢い健康生活が選択されるためには、賢い事業仕分けが望まれます。疾病の早期発見や予防に賢い選択が必要となるわけです。

科学的根拠に基づいた健康診断項目が実施されているか否かでしょう。

hospital

さて、ご自身が受けられる健康診断はどのような視点から項目が選択されているか、企業などの健康診断担当者はどのような考えで係わっているのかなど一度考えて見られることを提案します。

                                                                heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

健康診断結果票の要精査・要再検査のコメントがあったら

健康診断の結果票が手元に届いた場合ですが、

例えば40歳以上で成人病健康診断を受けられた方の事例で延べてみたいと思います。健診の項目ごとにコメントされ、その中にはdanger 要精査・要再検査などもあるわけです。年代が50歳以上ともなれば、多くの方に何れかの項目でdanger 要精査・要再検査のコメントがあるのではないでしょうか。

さて、その場合にどのような行動をされていますか。

ご自身の場合、そして若い読者の方では父母の場合で、いかがでしょうか。

実は多くの場合、専門病院や近くの病院などへ受診相談される方があります。その方々の多くは受診相談後に「問題はなかった」と喜ばれる会話があります。

「問題がなかった」との結論は喜ばしいことですが、ここで別の視点から問題提起をしたいと思います。

例えば、結果票を見てもらいその説明や解説で「問題がなかった」との最終結論の場合ですが、初診料の支払いと通院時間や受診待ち時間という労力と費用がかかったことになります

次に、改めて検査を受けて「問題がなかった」との最終結論であった場合では、いくつの項目追加によりその費用がかかり検査に通院した時間もかかったわけで、この場合にはさらに費用と時間的労力がかかったことになります

この様にいずれにしましても、費用と時間が発生するわけですから、

そこを最小限に留めて「問題がなかった」とよい結果がえられるとすれば有益というわけです。

この様な点から、先ずは相談場所や相談者を選択することが必要とお勧めしたいところです。

健康診断結果票の最終部分に責任者の印や氏名などがあります

一般的には、会社の健康管理を預かる産業医や外部健診機関の代表医師の氏名がみられます。

いずれかが分からない場合は

健康管理の担当者に、または産業看護職が勤務される会社ではその方で分かります。

そして、責任者の医師への面談が出来ます。

つまり、専門的な情報以前に一般的情報をもっていらっしゃることがあるからです。

分かりやすい例えで言えば、

スーパーにある商品が品薄になっていると気付き、たまたま近所に住む販売会社の関係者から新商品に切り替わるとの情報で納得する

・近所のレストランのおいしい魚料理がしかも易いのは、シェフの実家が漁師とのこと

・たまたま出先で果物の販売に人が大勢で驚くやすさにつられ購入したが、翌日がお店の臨時休業日だったとのこと

 などなど annoy 

業界には表に出ない情報があります

健康診断結果票にも裏事情とまでは云わないでも、

情報に精通した方に道筋をつけて貰うことがおすすめです

                              heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

新入社員の5月の健康管理

新人会社員の方は入社から一月が経過しましたね。

この時期には「顔の表情にかげりが出ている人」 (/□≦、) がいらっしゃるのではと危惧するところです。何処でも例年話題になる現象です。ご本人にとっても企業にとっても、早い解決が有益となるわけです。

さて、この場合経営者の姿勢などが重要になりますが、健康相談室・健康管理室・健康管理センターなどの部署をもつ大企業や中小企業にあっては、活用をおすすめするところです。学生時代の保健室の延長と捉えられるとよいのではないでしょうか。

そこには保健師・看護師の常駐があります。

企業の人事労務分野の認識が高い場合は、より専門性が高い保健師・看護師の方が勤務されています。いわゆる保健師・看護師の資格以外に、日本産業衛生学会の産業看護の資格を取得されている場合で、heart04 最も適切な相談者とお勧めです

つまりdanger 「顔の表情にかげりが出ている」状況を病気ではなく、

      danger 健康が少し低迷・低下した程度の認識が重要となります。

会社に産業看護の専門職がいることを知らないで、いきなり病院を訪ねる方もありますが、病人が尋ねる場所が病院とすれば、健康者が尋ねる場所も的確に選ぶことが必要と思われます。

働く人々の健康を観察してきた経験がある産業看護職を紹介しましたが、

会社員の知識のページとしてファイルされることをお勧めします。

さて、「顔の表情にかげりが出ていないか」の、

  健康チェックの自己評価はいかがでしょうか?   heart04

heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

メタボ健診の再度ご案内・・そのわけご存知ですか

sun いよいよ今年も残すところになりました。 健康診断を今年は受けたとおっしゃるご夫人が多いのではないでしょうか。

今まで

健康診断の案内状が来ても、放置して受けなかった方は多いと思います。健康診断の案内状は市・区・町・村の担当課から届く方・サラリーマンの夫人にはご主人の会社や会社の健康保険組合から届く方等のルートがあります。このような健康診断案内状が届いた記憶があっても、受診していなかったのではないでしょか

clip (社)企業福祉・共済総合研究所が発行する生涯総合福祉 NO.702で、

健康保険組合健保事業実態調査の調査結果では、被扶養者の健康診断実施率は10%未満が最も多く、中には50%越えの団体が10%あることが報告されています。この意味を分かりやすく言えば、サラリーマンの夫人の健康診断受診率が10%未満が最も多く、中には50%越えの団体が10%あると言うことです。サラリーマンの受診率が高いのに比べますと、

サラリーマンの夫人の受診率は低いのが一般的であることが実証された数字です。

しかし、

健康診断の案内が来て放置して受診しなかった方に、今年は再度の案内状が届いたのではないでしょうか。そのために受診をされた方も多く、このようなことから従来よりも受診した方が多くなったと思われます。

さて、お手元の健康保険証をご覧になるとご自身の健康保険組合が分かります。

会社などの健康保険組合以外には、国民健康保険・協会健保・共済組合などあります。このような組織を医療保険者と呼びますが、 danger  医療保険者はメタボ健診の受診者に熱心な呼びかけをする必要が出てきたわけです。そのために従来とは異なる再度の案内状が届けられています。

実は、

皆さんのメタボ健診の受診率が良くなった場合と受診率に変化が見られないとか低下の場合・さらにメタボと判断されて改善の努力がされた場合と何ら努力がされない場合で、医療保険者が行政から評価されることになりました評価が良い場合はご褒美、良くない場合は罰則というわけです

つまり、

danger 受診率が良くなった場合はご褒美、受診率に変化がないとか低下の場合は罰則というわけです

clip 生活習慣病健診(または成人病健康診断)からメタボ健診(特定健康診断)に変わったのは、

   danger単に項目や呼び名が変わっただけではなく、健康保険組合など医療保険者の取り組みの努力や成果が要求されることになったからです

再度の案内状が届いたり、

時には電話による案内があったりしていますが、

その理由の意味がお分かりいただけたでしょうか。 annoy

heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

心電図からも分かる年齢や年代

前回、「心電図からも解る肥満」を紹介しましたが、文章中で述べている心電図所見のLAD(左軸偏位)について、引き続き紹介していきたい事柄として、

心電図所見と年齢に関する知見があります。

いわゆる加齢にともなって心電図の電気軸に変化が認められるわけです。心電図所見のLAD(左軸偏位)と年齢については、経験豊かなベテラン産業看護職の方でも、じっくりと心電図波形を観察される機会がなく、知られていない知見と推測します。そこで、観察をトライされることをお薦めしたいところです。

先ず、試しに心電図を取り寄せることが必要になります。保管場所の制約から、データ保存義務を経過したものは処分している・健康診断を外注していることから心電図の現物は外注先に保管依頼している・保管義務期間よりは長期に保管するが保管スペース限界を越えた分は処分している など様々と思いますが、一人の社員について、

入社時・20歳代時・35歳時・40歳代時・50歳代時・定年直前時などの心電図が集められるならば理想的です。理想的に集めることが出来なければ、各年代別に個人を特定しないで集めることでもよいでしょう。このデータ収集の場合は心臓疾患がある事例を除くことが必要です。

次に、電気軸を観察すれば変化が読み取れます。中には変化が読み取れない事例・極端に変化している事例があります。多くの場合では年齢と共に緩やかに変化しています。特に、入社時と50歳代時や定年直前時では、多くの人で変化しているでしょう。具体的には正常軸から加齢に伴ってLAD(左軸偏位)に近づくか、またはLAD(左軸偏位)そのものになっているという変化が認められることになります。

若い時代と中高年での心臓の電気軸に違いが認められることを紹介しました。

heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)