« 健診結果説明の場で、質問はストレス回避の一助となる! | トップページ | 地震:玄関にスニーカーとサンダルを »

震度7の地震

熊本地震の体験から

地震に備えて準備する事柄が専門家から提案されています。

ここでは、経験からのおすすめを書いてみたいと思います。

強い地震では、冷静に素早く行動する必要がありました。

 玄関ドアは素早く開けることは出来ました。

 周囲のほとんどの方々も素早く玄関ドア開けが出来ました。

その次の行動からは

  個人差が大きいことが分かりました。

 行動のスピードでした。

時期的に寒く心理的恐怖感の時間滞が経過しました。

そこで準備することで確信したことは

 就寝時には

 玄関に

 靴下とビニール袋入りのスニーカーとサンダルをおくことです

 強い地震時では一瞬頭がまっ白状態になりました。思考力低下です。

 先ずは、玄関を開け、サンダルで安全な場所(広場など)にスニーカーを持ち避難です。

 地震にそなえた準備品や貴重品への対応は、その後になります。

皆さんに、熊本地震のような大地震がないことを願いますが、

準備は必要と思い、経験からの第一知識をご紹介しました。

次回も引き続き経験による事項を書きたいと思います!





★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

|

« 健診結果説明の場で、質問はストレス回避の一助となる! | トップページ | 地震:玄関にスニーカーとサンダルを »

地震・メンタルヘルス」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216164/73917890

この記事へのトラックバック一覧です: 震度7の地震:

« 健診結果説明の場で、質問はストレス回避の一助となる! | トップページ | 地震:玄関にスニーカーとサンダルを »