« 変化が少ない検査項目:クレアチニン(Cr) | トップページ | 検査値が低い場合の一般知識―コレステロール »

健康診断受診日の選び方

毎年健康診断を受けられる方は多いと思います

mailto

サラリーマンの場合は、受ける日時が会社から案内されるのではないでしょうか。

                                       annoy

スケジュール的に都合が付かない場合には、相談で変更となるのではないでしょうか。しかし、受ける日時は個人に選択が委ねられる場合もあります。定年退職された方や主婦の方々の場合も個人に委ねられるわけです。

そこで、

今回は受診時期の選択にあたり、少し述べてみたいと思います

健康診断の実施時期については、様々な要因により年間に一定の流れがあるわけです。概ね、春と秋が健康診断関連機関は多忙期とされています。

                                        annoy

会社が健康診断実施時期を決めるにあたり、代表的な要因として新入社員の雇い入れに伴う健康診断・人事異動で海外赴任に伴う健康診断・企業活動の年間スケジュールなどがあります。そのような事柄を考慮したうえで、健康診断の実施時期が決定されるわけです。

そして、健診機関や病院には多くの団体や企業からの申し込みが殺到して、双方の都合から日時の決定となります。

会社の担当者が一括窓口になる場合は、そこからある程度の枠内で個人の受診日時が決定されことになるわけです。スケジュール的に都合が付かない方の変更などは、会社の担当者が対応することになります。

                                          annoy

さて、個人で日時を選択する場合ですが、多くの団体や企業からの申し込む時期をさけられるのがおすすめです。買い物など混雑のなかで出かけるよりおの項でものべました事情から、比較的空いた時間帯に出かけることを考えるのと同じです。

大まかな提案ですが、前の項でものべました事情から健診機関や病院では春と秋は健康診断業務がピークです。

このようなことから、1月・2月や夏休み期間などは、

                 健康診断受診がゆったりと受けることが出来るので、

おすすめとの情報提供です。

heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

|

« 変化が少ない検査項目:クレアチニン(Cr) | トップページ | 検査値が低い場合の一般知識―コレステロール »

健康診断うらばなし」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216164/43642632

この記事へのトラックバック一覧です: 健康診断受診日の選び方:

« 変化が少ない検査項目:クレアチニン(Cr) | トップページ | 検査値が低い場合の一般知識―コレステロール »