« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

変化が少ない検査項目:クレアチニン(Cr)

成人病健康診断や人間ドックの結果票が届くと早速見ることになりますが、人によりいくつかのパターンあります。

さて、happy01  あなたはいかがなタイプでしょうか?

真っ先にざっと悪い判定の項目をさがす

以前から気になっている項目を先ず見る

医師の全体コメントを先ず見る

よい判定を先ずカウントする

最初から最後まで順序に従い見る

それぞれに個性を感じるところです。

さて、

従来から判定は問題なしの良い判定の項目のため、またそれは一般に話題になることも少ない検査項目があります。その項目の一つにクレアチニン(Cr)があります。一度ご覧になってはいかがですか。

ポイントは、変化分が大変少ない点です。さて、あなたはいかがでしょうか。

集団健診などで多くの人を検査しても、異常者は稀な検査項目です。どの位の値か一応目にとめてみてください。変化が少ないことがお分かりになると思います。

weep

宮崎県・熊本県では透析患者数が多いとの集計があります。実は、腎臓機能を見る項目の一つです。その心配がない方は健康を実感して、クレアチニン(Cr)値をみて頂きたいところです。

heart02  めったに見てもらえない項目クレアチニン(Cr)が喜ぶのではないでしょうか。

                                                                  heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »