« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

健康診断と被爆線量

早期発見・早期治療のスローガンでスターとした健康診断は、大いに成果をあげてきました。今では健康の保持増進を念頭にした、健康管理の時代へと進化してきました。健康診断への期待は大きいわけですが、健康診断の期待内容は個人により差が感じられます。

今回は健康診断の受診に際して深く考える必要性として、複数や重複受診機会について延べたいと思います。健康に関心が高い・病気への不安感が強いと思われる方に、健康診断の複数や重複受診をしていらっしゃる事例があります。

この複数や重複受診では熟慮と工夫が賢明と思われる話題です

danger

健康診断にはレントゲンを使用する項目があります。

今、日本が大惨事に見舞われている東京電力福島原子力発電所の報道に、被爆線量の言葉があります。被爆線量の解説の中に、幾つかのレントゲン検査に関係する線量が示されています。このニュースから健康診断の被爆線量について、初めて認識された方もあるのではないでしょうか。そして、中にはご自身の健康診断受診が的確ではなかったのではと、感じられる方もあるかと思われます。

実は、健康診断の受診機会が複数ある方で、

全ての機会を活用する方があります。具体的には、ご主人の職場の案内で受診、ご自身がパートで働く会社の案内で受診、市区町村の案内で受診、と全てを受診する方がちらほらおります。

この場合受診間隔を考慮の上であればよいのですが、考慮不足と感じる受診は気になるところです。今回の東京電力福島原子力発電所事故の報道から、健康診断受診には被爆線量を考えることも賢明な選択と気付かれた方は、どの位おられたのでしょうか。

また、職場の健康診断を軽く考えて、同じ項目も含めてさらに多くの項目がある健康診断を別途受ける方があります。やはり、被爆線量の話題が気になったのではないでしょうか。項目のみを考えるのではなく、トータルに捉える必要があるわけです。

項目が多ければ良いかもしれませんが、そのため被爆線量も多くなることも視野に入れ複数・重複検診についてはよく検討し、専門家に相談することをおすすめします

danger

さて、病院受診時に検査のオーダーをだしてもらえないとの不満の声があります。医師の検査項目の指示には、様々な判断があるのではないでしょうか。検査項目が多ければよいとは言えない場合もあるわけです。

他方、早急な診断と治療が必要な場合や緊急性がある病状で診断が必要な場合は、被爆線量への配慮よりも優先して検査を実施せざるを得ない多くの検査項目が必要な場合もあるわけです。

医師の熟慮の上の判断があるわけです。

                          heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

健康診断項目に経営層の姿勢や判断

10年ほど前は健康に興味がないと思っていた昨今の同世代に、健康診断への関心が高かまってきたと感じ喜んでいます。健康管理について自律の高まりを感じます。特に、女性の自律が感じられます。会社の健康診断の時期になれば、話題となっている関心事項は従来も現在も体重です。健康診断の日時に合わせて、減量に努める女性の会話が目立ちます。

しかし、最近では、体重だけでなくその他の話題についても関心が高いことが、アフター5のお店の会話を耳にして感じるところです。つまり検査の項目にも関心が及び、女性のがん検診への会話も耳にします。また、雇用形態から正規社員であるかないかで健康診断項目を比較する会話もチラホラきこえてきます。

                                                                                              そこで、今回は健康診断の項目に関する話題です。

健康診断の検査項目は確かに差があるわけです。先ず、年齢による違い・性別による違いは、法律に従い決定されています。正規雇用と非正規雇用での差はないはずです。しかし現実に差がある場合もありますが、それは法律に従う以上に、項目が追加されている場合です。会社の経営者の姿勢や経営理念・労働組合の姿勢・健康保険組合の姿勢などからの違いで、社員の健康を企業の財産であるとした考えによる追加項目です。

これはヘルシーカンパニィーの概念です。

さて、追加項目を有期雇用者で健康管理差別的発想は偏見が強いと考えます。追加項目の検討は産業医や専門家の参加もあり、適性項目の熟慮結果による選択が推測されます。雇用契約や仕事内容に応じた適性項目の選択はあるのではないでかと思われます。トラックランナーとマラソンランナーへのサポートの差があるように、適性が熟慮されていると考えます。

                                              さて、法律による項目差の概略を紹介しておきます。年齢が35才や40才以上と35才を除く40才以下で項目の違いが示されています。また、男性と女性で項目の違いがあります。この場合医師の判断が前提にあり、必要性が検討の上で省略がされています。この判断は医学上からで、項目が多ければ良いのではなく、必要性が低いか無いかの判断がされているわけです。ただ経営的に費用面から、意見介入の否定は出来ないのではと考えます。

danger

具体的には、項目の追加は費用の問題があります

のちに成果主義に走りすぎたと言われたタイプの人が経営企画・人事・総務担当に当たった事例では、費用面を重視した意見が優先したと見られました。法的には問題なく理論的にも問題がないとの思考と、現場の意見と医学的検証をしないままの提案が経営層に評価されるわけです。この場合、経営者がその成果主義の提案を総合的に読み取ったかによるわけです。

                        heart04

さて、皆さんの企業はどのような健康診断内容でしょうか?

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »