« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

低いコレステロール値に注目

成人病健康診断を受ける年代の健康話題に、コレステロール値(中にはLDL値)の登場があり、家庭の食卓団欒での会話になっている場合も多々あるのではないでしょうか。ほほえましい現代の夕食風景の一こまです。

そこで、聞き役にまわるお嬢さんが時に、「私は低いのよ」と両親との違いに自慢顔・・・という場面もあるかと思われます。

そこで、今回はこの若いお嬢さんのようにコレステロール値が低い方について、話題を提供したいと思います。

集団健康診断のコレステロールの値を、40才未満の集団と40才以上の集団で比較してみますと、圧倒的に40才未満の集団が低いことが分かります。

特に、20才代の方には低値異常コメントが出る方もあります。中高年にはうらやましい気持ちになるわけです。

実は、若いお嬢さんのコレステロール値が低い方の中には、甲状腺との関連性がある事例が報告されています。

該当すると心配になる方は、ここであわてる前のご紹介です。

danger

・気が短くなりイライラするようになった

・体重が一気に落ちた

・動悸・息切れがすることがある

・手に汗ばみが出るようになった

・指先が細かく震える

               danger などのチェックが自己判断の項目です。

若い女性でやせ気味や・やせすぎでイライラが、ある時期から気になるようになったと両親が感じられた場合、コレステロール値を見て、動悸・息切れ・手の指先の振るえなどがあるかをチェックされることをおすすめです。

ここであきらかに該当する場合には、医師への相談がおすすめです

                                                        heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »