« 「食道がん」の早期発見と予防 | トップページ | 血圧計で発見です »

少ない健康診断活用の達人

趣味の会には定年退職者の参加が見られ、話題のひとつに健康診断のことがあります

耳にした話ですが、

danger 退職後も会社の健康保険組合からの案内で従来と同じ内容で受診の人・同じ案内でも従来と異なる内容で受診の人・自治体からの健康診断案内で受診の人・新しく勤務する会社が加入する健康保険組合からの案内で受診の人・従来から自治体の案内で受診の人、と

健康診断の案内状送付の組織や健康診断内容がさまざまのケースがあるようです。danger

そして、従来と同じ内容の健康診断システムで受診出来ている人以外は、typhoon 退職後の健康診断に項目が少ない不満の声がありました。もっぱら検査項目数が話題です。項目が少ない人は口々に別途病院に行くとの話でした。

さて、膨大な医療費の増大のまえに、

健康診断は早期発見・早期治療の概念で厚生労働省の施策として推進され、広く普及してきました。そして、次の段階としてさらに予防へと進化した施策を示してきました。

予防による医療費の軽減を目指したわけです

しかし、 annoy 今回の定年退職者の会話からは医療費抑制の目指達成は困難と危惧したところです。遭遇した定年退職者の話題や健康行動から、健康診断大好き!病院受診大好き!との感触を受けました。そして、annoy 健康行動や行動変容の理念が伝わっていないと感じたところです

他方、

健康診断に満足の方には理想を見た思いです。大企業の定年者で健康保険組合は退職後も加入が可能のようです。若い時にインシュリンの分泌量が低いために血糖値が高いことが健康診断から判明した時から、

1週間に10万歩のウォーキング目標がライフスタイルとなり、

血糖値を正常値に維持しているというわけです。血糖値は自己測定でした。感動です!heart04

clip

日本産業衛生学会に参加する産業医が在籍する企業は大企業が殆どで、そこには単一の健康保険組合や総合の健康保険組合があります。企業と健康保険組合で社員の健康のために様々な取り組みがされています。ここが自治体の取り組みとの差と感じています。

具体的には、

自治体が関係する場合は健康診断の実施で受診場所が多いという利便性があるようです。会話からは検査結果の説明は認識されているようですが、あくまで項目数へのこだわりです。受診者への行動変容への支援活動は会話にのぼりません。

多分受診時にはライフスタイルが説明されていると推測しますが、医療機関内の実施のために疾患への概念が双方に潜在的にあるのではないでしょうか。

clip

健康には専門性があるわけですが

現在の日本で健康を専門とした医師は少なく、その専門性の認知度が低いのも現状です。医療機関のスタッフに産業看護職が見当たらないのも現状です。産業看護職の有資格者は少ないのが現状ですが、派遣などの活用であれば供給は可能とではないでしょうか。

8月7日の読売新聞に clip

ワールド健康保険組合の安倍専務理事は論壇で、健康づくりと医療費抑制で健康保険組合の活動について述べられています。多くの人に健康保険組合のあり方など参考になったのではないでしょうか。

ご自身が加入していた健康保険組合が

健康保持増進に深く配慮したプログラムを用意していたか、

健康診断の機会均等が主体のみであったか、

定年退職後に分かることもあるのではと趣味の会の定年退職者と話題にしたところです。健康保険組合の活動により皆さんが受けられるサービスにはおおきな差があるのが現状です。

受診者には直接的に関係しない部分を紹介しましが、この様な状況が健康診断の有効活用としてご自身に関係してくるところを話題にしてみました。

heart04

                                         heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

|

« 「食道がん」の早期発見と予防 | トップページ | 血圧計で発見です »

健康診断うらばなし」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216164/36123693

この記事へのトラックバック一覧です: 少ない健康診断活用の達人:

« 「食道がん」の早期発見と予防 | トップページ | 血圧計で発見です »