« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

自身で出来る「心の健康管理」

近年、職場の健康管理部署でメンタルヘルス領域の業務が年々増加しtyphoon、対応は主要業務になっています。メンタルヘルスの相談や面談の内容は個々に様々です。早く解決する事例も多いのですが、長期に及ぶ事例もあります。企業など労働の場については職域保健の専門家の参加する日本産業衛生学会が、メンタルヘルスを主要テーマに挙げています。

さて、danger 健康管理では予防が大切とされます。

book 

店の健康雑誌やテレビ番組などに、健康保持増進をめざすライフスタイルが様々に提案されています。もちろん、健康診断の結果票にも記載されています。そして、多くの人は健康を考えたライフスタイルをそれぞれ取り入れていらっしゃるのではないでしょうか。時には、テレビ番組で紹介された食品が短時間で売り切れるなど加熱状況の話題まであります。

そのようなライフスタイルは、どれもが「からだの健康」を重視したものではないでしょうか、いかがでしょうか?特にメタボなど減量ついての関連が多いなかで

「こころの健康」の予防は?

そこで、今回は「こころの健康管理」で予防を考えたライフスタイルについて述べてみたいと思います。

danger

「からだの健康」と「こころの健康」で大きく異なる点は、

指標が数量化される検査値があることと数値ではなく言語であることが特徴です。「こころの健康」では数値としての指標が示されない・示しにくいわけです。さらにはプライバシーの問題があります。

key 

21健医総研主任研究員で長年メンタルヘルスに係わってきたメンバーは、多くの相談者に夜更かしや夜型ライフスタイルで朝食ぬきの共通点を見出し、変えることの提案で相談者の行動変容をうながし、短期間のうちに問題解決をみた事例を経験したとのことです。

このような成功事例の経験を、

key 夜更かしや夜型ライフスタイルで朝食ぬきをキーワードに提案しています。そして提案を実行した相談者が体調の変化を感じてメンタルヘルスが良い方向へと実感した時点から、元気回復が現実になったようです。

経験に基くこころの健康保持増進の手法を紹介しましたが、メタボにならないため個人としてのライフスタイルが提案されるように、メンタルヘルスの健康管理のライフスタイルもあるようです

① 朝食を摂る

② 夜更かし・夜型生活を改善する

が、こころの健康管理の予防になるライフスタイルの紹介です。古来より言われる早寝早起きですね。分かっていても現代社会ではなかなか難しいテーマかもしれません。

でも、予防の時代でもあります。heart02

                          heart04

                            

                                                 heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »