« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

新入社員の5月の健康管理

新人会社員の方は入社から一月が経過しましたね。

この時期には「顔の表情にかげりが出ている人」 (/□≦、) がいらっしゃるのではと危惧するところです。何処でも例年話題になる現象です。ご本人にとっても企業にとっても、早い解決が有益となるわけです。

さて、この場合経営者の姿勢などが重要になりますが、健康相談室・健康管理室・健康管理センターなどの部署をもつ大企業や中小企業にあっては、活用をおすすめするところです。学生時代の保健室の延長と捉えられるとよいのではないでしょうか。

そこには保健師・看護師の常駐があります。

企業の人事労務分野の認識が高い場合は、より専門性が高い保健師・看護師の方が勤務されています。いわゆる保健師・看護師の資格以外に、日本産業衛生学会の産業看護の資格を取得されている場合で、heart04 最も適切な相談者とお勧めです

つまりdanger 「顔の表情にかげりが出ている」状況を病気ではなく、

      danger 健康が少し低迷・低下した程度の認識が重要となります。

会社に産業看護の専門職がいることを知らないで、いきなり病院を訪ねる方もありますが、病人が尋ねる場所が病院とすれば、健康者が尋ねる場所も的確に選ぶことが必要と思われます。

働く人々の健康を観察してきた経験がある産業看護職を紹介しましたが、

会社員の知識のページとしてファイルされることをお勧めします。

さて、「顔の表情にかげりが出ていないか」の、

  健康チェックの自己評価はいかがでしょうか?   heart04

heart04

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »