« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

検査値の基準値(正常値)が決まるまで

健康診断や人間ドックの結果票で、検査値の横などに示される基準値(正常値)をご覧になったでしょうか。基準値(正常値)は何れの場合でも、つまりいつでもどこでも同じと考えていらっしゃったのではないでしょうか

danger

実は、様々で健診機関や病院ごとに決められている値なのです。さらには測定する機械や試薬によっても異なる値です。そこで、ここでは基準値(正常値)が決められるまでを、簡単にご紹介したいと思います。

一般的に健康と考えられる人、例えば病院などの場合は内部職員から採血されますが、測定された血液や生化学検査の値から導き出されています。ある程度多くの測定データが集められます。

そして、集まった測定データについて、最も低い所に分布する測定データと最も高い所に分布する測定データを除外します。除外は全体の約5%とされています。次に、残り95%の測定データが統計処理されます。ここでは平均値と標準偏差(σ)が求められるわけです。

次に、求められた標準偏差(σ)の二倍の2標準偏差(σ)値を算出します。ここで準備完了です。

danger

平均値から低い方へ2標準偏差(σ)~平均値から高いほうへ2標準偏差(σ)の範囲が基準値(正常値)となります。

このような手順で決まる基準値は、かつて正常値と呼ばれてきました。現在でも一部では正常値の表記が見受けられます。現状では健診機関や病院により正常値・基準値(正常値)・基準値・基準範囲などが使用されています。このようにいくつかの言葉の使用にも問題はありますが、歴史的変遷による過渡期によるものです。

では、歴史的変遷のわけについて触れおきましょう。

近年、予防医学への関心の高まりから多くの人が健康診断や人間ドックを受けています。そこで、結果票も多くの人の目に触れることになりました。従来には専門家にとり日常的に使われていた正常値の言葉が、一般の人に捉えられているものとのギャップに気付くことになりました。正常値のイメージが予期しない形で一人歩きする問題に遭遇したわけです。

danger

受診者にり正常値とは良い結果・健康である・病気ではないなどの概念に捉えられる事態になったわけです

実は、血液・生化学測定値の一つ一つは判断の指標ではありますが、いくつかの測定値の組み合わせで判断すること・診察情報と合わせて判断すること・測定値の経年変化と合わせて判断すること・測定値と問診情報と合わせて判断すること などから最終的評価が出されるわけです。

heart02

皆さんは基準値(正常値)について、ご自身はどのような意味あいで捉えていらっしゃいましたでしょうか

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »