« メタボ健診を受けた奥様の声 | トップページ | 肥満はこわい!体重は健康管理の第一歩 »

東京マラソンでAED活躍のニュースから

2009年の東京マラソンが今年は3月に開催され、当日の夕方以降のニュース番組には様々な情景が映し出されました。そして某タレントの心肺停止アクシデントの情報が流れた時には心配したものです。その後に回復情報が流れて、当日の様々なエピソードの情報から最終的には明るい話題満載で終了したとの印象を受けました。しかし、東京マラソン主催者にとっては、某タレントの心肺停止アクシデントの一報とその後に続く情報では大変な心配や心労があったことと思われます。

さて、翌24日朝のあるテレビ局の番組中にテリー伊藤氏が「皇居周辺を走っている人が多いので、AED設置が・・・・・」との発言を耳にしました。その正確な言葉とその真意はご本人に確認できませんが、東京マラソンで某タレントが回復したことに関連してAED使用が大いに有益だったことから、皇居周辺にAED設置を考えたら、との意味に受け止めました。この一点では同感です。

しかし、今回のアクシデントから学ぶべき事柄は、AED設置よりも優先して考える事柄があるのではないでしょうか。某タレントは某テレビの番組に関係しての参加とのことですが、身長や体重の情報からだけでなく見た感じでも、過体重と誰もが考えると思います。事前に健康チェックがされていたか分かりませんが、結果論的には問題があった選択と言われても仕方ないでしょう。

テりー伊藤氏の発言はテレビ番組中でした。某タレントの東京マラソンを企画したテレビ局とは違いますが、この方の発言が多くの人々への影響を考える場合、マラソン・AED設置を考える前に、過体重についての発言が期待されました。この点から発言に疑問を持たざるを得ないわけです。しかし、その段階の発言は某タレントの病状を鑑みて控えられたのであれば、AED発言についての表現に工夫がほしいところです。

danger

AEDの言葉や知識を多くの人が持つことは重要で、人命救助には役立つわけです。そうは言ってもやはり転ばぬ先の杖で、人命救助の対象つまりアクシデントでたおれる人にならないようにしたいものです極端な肥満が心臓疾患や動脈硬化で健康ダメッジを招くことを、多くの人が知識として持つことが大切な点です。人々の健康知識とテレビ番組には無視できない部分が感じられます。この場合人命救助の対象つまりアクシデントでたおれる人にならないための知識・価値観からの発言や発信を願いたいところでした。まさに、メタボ健診がスタートしています。  

                   danger

次回ブログで過体重などについてご紹介してゆく予定です。乞うご期待を!

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

|

« メタボ健診を受けた奥様の声 | トップページ | 肥満はこわい!体重は健康管理の第一歩 »

健康行動関連記事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216164/28777090

この記事へのトラックバック一覧です: 東京マラソンでAED活躍のニュースから:

» アンプルール|口コミでも人気の美白化粧品 [アンプルール|口コミでも人気の美白化粧品]
アンプルールの美白化粧品通販。 [続きを読む]

受信: 2009年4月 3日 (金) 18時42分

« メタボ健診を受けた奥様の声 | トップページ | 肥満はこわい!体重は健康管理の第一歩 »