« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

LDLコレステロールのこと

前回、高脂血症の話題は総コレステロール・中性脂肪でお話しています。そこで今回は高脂血症に関係してLDLの検査項目の名前がよく登場していますので 、

sun  近年の情報からまとめてみようと思います。

健康診断や人間ドックで動脈硬化をチェックするために、高脂血症の検査項目が採用されてきました。日本では1987年に日本動脈硬化学会冬季大会コンセンサスカンファレンスに研究者が集い、総コレステロール値220mg/dl・中性脂肪値150mg/dl・HDLコレステロール値40mg/dlが基準値として示されました。

しかしこの時日本人のデータが少ないという問題があったとのことです。

そこで、日本動脈硬化学会は日本人のデータを十分検討して、1997年に高脂血症診療ガイドラインで総コレステロール値220mg/dlを示し、これはLDLコレステロール値の140mg/dl相当すると判断したようです。

そして5年後の2002年更に見直しがされて高脂血症診療ガイドラインが発表され、その中で

スクリーニング診断基準として

LDLコレステロール値140mg/dlが示され、

総コレステロール値220mg/dlついては取り下げとなりました。

そして、2007年には動脈硬化性疾患予防ガイドラインが発表されました。そこではスクリーニング診断基準としてLDLコレステロール値140mg/dlが採用され、総コレステロール値は除去されまし。そして高脂血診断基準を脂質異常診断基準と呼び名も変わりました。

数字で200や220の会話を耳にすることがありますが、

 sun  数値の賢明な見方としてその意味を正しく読み取ることが大切と思います。基準値・スクリーニング診断基準・予防ガイドラインなど言葉の表現が変化しています。その意味も理解して対応することをおすすめします。

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつも高脂血症といわれている方へ

健康診断や人間ドックの結果で高脂血症と言われている方 flair は多いのではないでしょうか。そして毎年同じ結果ではありませんでしょうか。悪い冗談ですが、健康診断や人間ドックを受ける前から分かっているのでは・・・・・失礼! flair

高脂血症の対応ではいろいろな知識を持つ方が多いと思います。健康知識についてはテレビ番組も多く、特に食品に関した知識への興味や関心は消費行動に直結しているのではないでしょうか。時に知識は専門家との差が少ないのではないでしょうか。しかし・・・・・・です。そこで今回は高脂血症改善へのヒントになればとの視点から述べてみたいと思います。

高脂血症と言われ医師の解説や保健師・看護師の指導があって、いろいろの知識や話題が出るわけです。そのとき高脂血症といっても、総コレステロールなのか、中性脂肪なのか、または両方なのかを理解しないまま高脂血症と捉える方があります。間違いではないわけですが問題解決には総コレステロールなのか、中性脂肪なのか、その中味をご自身が明確に把握されることお勧めです

解決の近道と思われます。flair

実はこの両者では留意する食品に大きな差があるようです。多くの方が実践して効果があったとの実例ですが、やってみる価値はあるのではないでしょうか。健康診断や人間ドックの結果で高脂血症といつもいつも同じになるのですから、一度のお試しをお勧めします。

まず中性脂肪では日本酒がだめ 休肝日なしはだめ 一杯飲んで帰宅して夜食のラーメンはだめ の声を多く聞きました。そしてそれに挑戦して改善した人が胸をはって自慢していました。

次に総コレステロールでは 甘い洋菓子やバターの多い甘いパンはだめ! との自慢話をよく耳にしました。しかし、総コレステロールの値が300 mg/dl など高い値の方は食事ではなかなか早く医師へとの声も耳にしていますが。

だめでもともと、と一度やってみませんか。おすすめです。

flair

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!

人気Blogランキング

  

| | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »