« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

やせたと喜べない体重

annoy 体重が気にならない方はいらっしゃるでしょうか

多くの方が気にしておられると思います。メタボの言葉や特定健診のスタートで、ますます気になる体重でしょう。今回は意味がないのに痩せることへの留意をお勧めします。

flair いつもの体重はご自身でよくわかっていらっしゃると思いますが、わからないとおっしゃる方はいつもの体重を知ることが肝要です。 flair  体重が増えた・減ったの判断が出来ないことからのお勧めです。個人で仕事をしている方や数人の会社の方で、忙しくて健康診断をやむを得ずに受けられなかった方に思い当たることはありませんでしょうか。そこで、いつもの日常で食事や運動やストレスなど格別に変化はないのに、体重が減った場合は注意が必要との提案です。 flair

clip  第60回日本産業衛生学会に西尾明子・野田治代・鷲崎誠(伊勢丹健康管理センター)さん方の「身体計測値の長期間観察ー体重」の報告では、40才~60才を対象にして健康者の15年間での体重変動は男4.79 Kgと 女2.76Kgと報告されています。clip   この値を参考にして、意味なく体重が減ったと感じる方は医師への相談が必要ではないでしょうか。体重は健康状態を自己判断出来る健康指標にもなるようです。

annoy  一つの例をお話しましょう。ある男性が「メタボで太りすぎといわれていたが、食事も今までどおりかわりなく食べていたのに8Kgへってよ」とほこらしげに言ってきました。これを聞いた保健師さんはハットして、最近ドックを受けていますかと聞いたところ、社外へ出向して受けそびれ3年受けていないと言うことで、翌日にはドック受診の手配をしました。ドクターから電話が入り胃に腫瘤で入院・・・・。 annoy

彼はポツリと「何の自覚症もなく体重が減ったというだけで・・・・・・・・」とつぶやき、肩をおとしました。

 thunder  本当に、何の自覚症もなく体重が減ったというだけでしたが

                                     thunder

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎年健康診断受けていますか

hospital  人間ドックや生活習慣病健康診断を毎年受けている方には、年間行事としてスケジュール管理をされている方も多いのではないでしょうか。また、スケジュール管理はしていないと言う方でも、心のどこかには思いはあるのではないでしょうか。そこで、業界人の会話に上るある

 heart04  話題を紹介したいと思います。

会社で人間ドックや生活習慣病健康診断の案内状を出しているのに連絡なく受診していないし、数回の未受診が気になり受診を促す電話をしても受診しない人が、ある年に案内状が届いていないことでクレームの電話をしてきたことがあります。事務レベルではこの皮肉な対応が話題になったわけですが、そのとき産業医や産業看護職はその方の健康意識を深く理解する側面として、やはりこころのどこかに思いはあると考えたわけです。しかし、陰の声としてはあまえているのよね!もありました。そして、このような事例では  clip  健康診断結果との関係がちらりほらりと感じ取れるわけです。

実は、結果表に要治療の判定はないのですが幾つかの項目や多くの項目で要経過観察としてのコメントがあって、特に喫煙や肥満でのコメントがある場合です。そのために必要以上に過剰な反応がされていると推測されました。このタイプの事例では全くの相互理解が得られないままに気持ちの対立が続く場合と、ちょっとした会話での相互理解から良好な関係と健康管理への行動変容があらわれる場合の2極化の結果になるようです。

heart04 

身近な方やあなたの父上はいかがでしょうか。思いあたる方はいらっしゃるのではないでしょうか。

heart04

     

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »