« 貧血検査から | トップページ | 医師にも最初の一歩が »

医師の臨床経験

前回、貧血検査が婦人科健診をカバーしている側面に、産業医の臨床経験を挙げました。臨床とは専門用語で病気の患者さんを診ることですが、企業で例えれば運営企画・人事企画などデスクワークではなく現場というわけです。サラリーマンは数字などで示される理論と現場のギャップについて様々な経験があると思いますが、医師の世界も同様でこの場合患者を診て治療したことを臨床経験というわけです。今回は臨床経験があっても医師にはレベル差があり、医療ミスと関係した事例について触れたいと思います。

rain

これは、当21健医総研主任研究員の家族に起きた驚きの症例です。hospital  過去の胆石症既往でその病院の通院患者が、ある朝ひどい腹痛から救急入院しました。精査の結果2個の胆石が胆道に認められ、入院6日目に内視鏡除去術が予定されました。予定当日の朝、付き添い家族の前でワーと大声を出し右手を屈伸バタつかせていびきをかいて、意識不明の状況と感じられ、予定前日には点滴もなく絶飲食だったことで水分不足からの脳梗塞が起きたのではと心配して看護師に訴えました。付き添っていた家族には医療関係者の兄弟があるために、少しの医療知識による疑問だったわけです。rain  しかし看護師の対応はなく、手術室へ患者を運んで行きました。後日判明したところでは、この情報を看護師は医師に報告していました。そして、約2時間の経過から帰ってきた患者は舌を少し出した状況で深く眠っていた様子で、医師は胆石2個の提出の説明で成功と自慢し、眠りについては全麻による状況との追加説明だったわけです。 rain  ところが、患者はその後も深い眠りを続け、付き添っていた家族には心配な状況が続きさすがに3日目の医長回診時に、熟眠ではなく昏睡ではとの質問をしました。ここで脳についての検査が始められ、脳神経内科医から発祥4日位の右脳全体に及ぶ新しい病変による病状と説明がされたわけです。

rain

この一連の経緯を聞きさらに担当医の対応の詳細を聞きますと、小さくもない病院で臨床医のレベルの低さに愕然としました。推測ではありますが、担当医は胆石内視鏡除去術の技術への傾倒から専門技術屋に感じられるわけです。この事例からだけですが、会社にも様々な社員がいるように臨床医にも様々なレベルがあることが推察できるのではないでしょうか。

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

|

« 貧血検査から | トップページ | 医師にも最初の一歩が »

医師領域関連記事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216164/11479505

この記事へのトラックバック一覧です: 医師の臨床経験:

« 貧血検査から | トップページ | 医師にも最初の一歩が »