« 知ってほしい「健康予測」の難しさ | トップページ | 貧血検査から »

東京マラソンの日

run  東京マラソンが行われた当日、日比谷・日本橋で21健医総研の有志で応援観戦をしました。例年のこの季節に比べて、寒さが厳しく感じられる日でした。先頭に近いランナー run  に、走りの速さと体型の美しさにみとれ、その後に続くランナーには、マラソン参加の意欲と全身から振りまかれる楽しみのオーラがみなぎっていました。run  ランナーのゼッケンには文字と色合いで目立つ東京メトロに、企業カラーが感じられました。

このsubway  東京メトロ健康管理センター鷲崎誠所長は21健医総研主任研究員を併任され、健康医学分野の専門医として実践の先頭を走る医師です。産業医の招聘にも企業カラーがあると実感した次第です。

heart01  さて、石原都知事の牽引力から実現した一大イベント「東京マラソン」に、健康都市東京として世界にアピールしたい内容でした。世界の紛争地域のことを考えると、健康日本を多くの人が実感して喜びと感じてよいのではないでしょうか。この日、午後に巣鴨染井方面でウォーキングの予定でしたが、東京マラソンからもらった元気力で日本橋から巣鴨まで旧中山道を歩くことにしました。大変寒い一日でしたが、万歩計は1万7000歩を示していました。

走る人・歩く人それぞれの方法で健康を考え実践しているわけで、一律にはならないところです。検診センター・健康管理センター・医務室・保健室・病院などの狭い枠の中で考えることではなく、ひろく・おおきな視点からの思考と実践が重要かとも思いました。健康診断結果からの行動変容でも、個人の対応はさまざまあるのではと考えますと、それぞれの自慢話があるのではと考えた一日でした。1万7000歩を歩きながら、そんなことを考えた一日でした。heart01

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

|

« 知ってほしい「健康予測」の難しさ | トップページ | 貧血検査から »

健康行動関連記事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216164/10769801

この記事へのトラックバック一覧です: 東京マラソンの日:

» 引越ししたいよぉ [M女 沙智子 奴隷日記]
今住んでるところから 引越しがしたいよぉ。 でも今年の秋くらいかなぁ。 春と夏は... [続きを読む]

受信: 2008年2月26日 (火) 15時17分

« 知ってほしい「健康予測」の難しさ | トップページ | 貧血検査から »