« あなたはどちら | トップページ | 価値観の差から新たな動き »

健康を考える

前回は健康に関わる成熟度に触れましたが、sun  「健康」と言う言葉は日常会話に一般的に使われていることはご存知のとおりです。では「健康」の意味を聞かれると、それぞれ様々な表現がされ、明確に言える人は少ないのではないでしょうか。

sun  「健康」についてWHO(世界保健機関)は「健康とは、何事に対しても前向きの姿勢で取り組めるような、精神および肉体、さらに社会的にも適応している状態をいう」と定義しています。しかし、「高齢社会を迎えつつある現代社会では、健康を絶対的なメジャーで測るのではなく相対的なものとして捕らえ、生きることの目標との調和において築かれるものと考える」、と提言する研究者の発言・提言があります。

またsun  「健康」について検討・研究する専門家集団があります。数年前には健康哲学研究会を立ち上げた研究者もいました。いずれにしても一言で表現する難しさがあると言えるのではないでしょうか。観念的な世界になりましたが、皆さんにとって「健康」の言葉は日常生活の中で頻繁に使われて、感覚的に馴染みある言葉であることは確かでしょうが、そこに、WHOの定義が示されると大変堅苦しさを覚えてしまうことになりませんか。

このような側面から、健康や健康診断は日常生活のなかで捉えればよいのではないかと思いますが、ご自身の健康や健康管理はご自身で!sun  とお勧めします。多くの人が未だ主治医やホームドクターに頼りすぎているように感じます。頼る前にまず自律が必要なのではないでしょうか。豊かな人生の重要なキーワードと考えますが、いかがですか ?

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

|

« あなたはどちら | トップページ | 価値観の差から新たな動き »

健康哲学」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216164/9054624

この記事へのトラックバック一覧です: 健康を考える:

« あなたはどちら | トップページ | 価値観の差から新たな動き »