« 週刊新潮連載の「健康狂時代」から | トップページ | 健康を考える »

あなたはどちら

健康診断結果表 mail が手元に届くと、真っ先にまたはとりあえず、目を通すわけです。人さまざまとか古くは十人十色のことわざもあるように、この場合もさまざまな対処が考えられます。かつて、2000名の成人病(生活習慣病)健康診断の受診者で調査した際は、2タイプがありました。あなたはどちらのタイプですか?

まず、mail  健康診断結果表は検査項目別にABCDなどの判定区分で示されています。そこで、悪いと思われる判定(判定CDなど)を探しそれが幾つあるかまたその項目は何かを見て、さらに一年前は幾つであったとの比較をするタイプが圧倒多数でした。しかし一方少数ですが、逆に良いと思われる判定(判定Aなど)を探しそれをカウントし、比較する人もいました。さて、皆さんはどのタイプでしょう。

libra

この2つのタイプで、健康診断への期待や価値観を感じ取ることが出来るのではないでしょうか。悪いと思う(判定CDなど)ものを探すタイプでは、早期発見・早期治療の概念が強いと考えます。または早期発見・早期治療に該当しないことで、健康であると考えていることもうかがえるのではないでしょうか。健康診断へ早期発見・早期治療の期待が感じられその延長線に健康を捉えていると推測します。次に良いと思う(判定A)ものを探すタイプは、日常生活で健康を実感しているか確信しており、疾病不安がないのではと考えます。健康診断に健康増進・健康確認の期待意識が感じられるわけです。かつて、健康診断の目標は早期発見・早期治療で設定されましたが、今日では健康保持増進や健康教育がテーマになるなど、変遷をとげてきました。

clip  しかし、健康診断の意味や目標の変遷があっても、会社や地域が行う健康診断の検査項目に大きな差は感じられません。検査項目の解説では、項目ごとに高値の場合と低値の場合で病気との関連が説明されています。では高値や低値でない場合は健康と言えるでしょうか。この点では検査値の解説をする医師の成熟度が道半ばであると考えています生き方や人生を考える場合に「健康」は重要なテーマであります。週刊新潮の連載「健康狂時代」に多くの読者がいますが、成熟しきれていない健康観があるためにこそ生まれたタイトルに思えてなりません。成熟した「健康」の価値観が求められているとつくづく感じる次第です。立場やタイプの違いをこえて、秋の夜長にお茶をして「健康」を語るのも良いのではないでしょうか。heart01

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

|

« 週刊新潮連載の「健康狂時代」から | トップページ | 健康を考える »

健康行動関連記事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216164/8849580

この記事へのトラックバック一覧です: あなたはどちら:

« 週刊新潮連載の「健康狂時代」から | トップページ | 健康を考える »