« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

健康診断採血のうらばなし

学校や職場の定期健康診断では、その時期限定の特設会場が作られます。当日は会場を回遊するように、順次検査項目の場所を移動して行くことになります。その中に採血があります。若い世代の人達にとっては、最も苦痛の場所ではないでしょうか。多くの場合採血専門看護師が数人配置されますが、どの人にあたるかと複雑な気持ちで待つことになりませんか。なかには、採血を終った知人に声をかけ様子を聞く人も見かけます。待ち時間に手技が上手そうな人を探して、観察する目つきの人も見かけます。採血が終って止血のために採血部位を圧迫するところでは、「痛かった」「痛くなかった」の会話が聞こえます。shock

shock  

このように健康診断会場では採血が関心事で、特に「痛み」ですしかし今回は採血で一般に知られていない、よい採血のキーワードを紹介したいと思います。多くの方は「痛み」がない、「痛み」が少ない採血をする人を、「採血が上手」と思われますよね。ところが、採血時「痛み」がなく終っても「上手な採血」とは言えない場合逆に「痛み」があった採血で、「よい採血」と判断する場合があります。thunder

少々専門的領域のはなしです。健康診断の採血場所には、採血した試験管が並んでいますが、

試験管の蓋をみると色が何種類かあることにお気づきですか。注射器で採血した血液を入れる採血管は蓋の色が違い検査項目別に色分けされているわけです。先ずは、肝機能検査や脂質検査などに回される血液は、血球が体の中にあった状態のままに採血されることが、正しい検査値を示すことになります実は血球の中と外では成分に差があるわけです。しかし、採血時に血球が針で壊されて、血球の中にある成分が血球の外に出てくれば、当然検査値に影響します。専門的には「溶血」といいますが、採血手技で大いに影響を及ぼすとされる難しさです。さらに、貧血検査などに回される血液では、血球が壊されずそして赤血球や白血球などが体の中にあった状態のままが、正しい検査値を示すことのなります。

thunder

痛みへ配慮するあまり、時間をかけて採血をする場合などで血球の分布に変化を起すことがあり、当然検査値に影響します。専門的には「凝集・凝固」といいます。正しい検査結果を導くにはこのような専門的視点での、採血する人の技量評価があります。そして、「痛み」があった採血の血液がよりよい状態で検査が出来る場合と、「痛み」がなくて採血した血液が悪い状態の場合など先にお話したとおりです。もちろん痛みもなくかつ専門的領域でも評価される手技がベストかもしれませんが、針を刺すことには痛みが伴うとある程度の覚悟が必要なのです。

heart01 正確な検査値をだすための、一時のがまんを!! heart01

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康診断外注のうらばなし

danger 前回の健康診断結果票の検査値うらばなしでは、typhoon 外注検査所のレベル差に触れましたが、そこでは価格との関連を見逃すことは出来ません。安くてよい品という価値観には一定の範中があるわけですが、常識の範囲を超えた安さの裏には粗製濫造が危惧されます適正価格から大いに安い場合は、それなりのわけがあるのです。

生鮮食料品の場合では鮮度が落ちているとか、洋服の場合は流行が過ぎているなどの類です。

では、健康診断の検査値を提供する外注検査の価格についてはどうでしょうか。最も分かりやすい事例として官公庁・大企業の場合どこに外注するかでは、入札制度による選別が多々行われています。

typhoon 透明性が重視された結果の手法ですが、安価な機関を第一条件に選ばれるのが実情です。そのような背景で価格中心主義の入札が予測される場合、良心的精度のレベル維持など社会的責任の視点から、入札参加を見送っている検査所があることを紹介したいと思います。入札業務には事務職があたっていますが、産業医や産業看護職の意見が考慮される事例はほとんどない現状です。そのため前回の健康診断検査値のうらばなしで紹介した、施設間差などの知識は事務方に期待できません。検査値に関わる施設間差や検査値の精度について、レベルの検討など視野に入っていないわけです。また、一定期間ごとの入札で毎回業者が変わることもあり、検査値の施設間差や検査値の精度を考えると、個人の健康診断結果から経年的に検査値を比較することの意味に疑問が生じてしまいます

danger この重大な背景に気づいた或る担当事務方が入札作業段階で産業医へ相談したことで、健康管理分野専門家の評価を得ている話題があります。その際の産業医の助言は、最も高価な提案をした機関を選ぶことその発想理念で、決断した担当者の見識には脱帽です。heart02

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »