« 朝青龍・メンタルヘルスの話題から | トップページ | 健康診断外注のうらばなし »

健康診断検査値うらばなし

typhoon 健康診断を受けた時の結果票ですが、昔の手書き結果票に比べコンピュータの発達から数字が分かり易く示され、総合判定などは理解を得るため様々な工夫が凝らされていますここでは、結果票に出力される検査値の数字は、コンピュータの出力数字に示された段階で固定した概念の価値観が生まれ一人歩きしていることを取り上げてみましょう。

さて、¥1000の数値を見ると、多くの人は千円札をイメージしてどちらでも価値に差はないわけですがガンマーGTPと表現する肝機能検査項目について70と数値が出た場合はどうでしょうか。やはり一定の数値としてその価値を、だれもがイメージするのではないでしょうか。実はこの場合、どこでも同じとはならないのですが、多くの人に説明されていません専門用語では施設間差といいます

皆さんは千円札の場合と同じように捉えていませんでしたか。A健診機関では100だったので、その後B健診機関で85となり値が下がったと喜ぶ人がいます。しかし、単純な比較は出来ないわけです。一人から採血した血液を5つの試験管に分け、一斉に異なる5箇所に検査依頼をした結果の研究報告では同じ数値はないのです。その異なる検査値を評価するのが、許容誤差範囲や施設間差に精通した専門家です。typhoon

thunder 健康管理分野には産業医・衛生管理者・保健師・看護師などの専門家が携わっていますが、検査値について許容誤差範囲や施設間差に精通した専門家はほとんどいない現状です。一部健診機関では対応努力をしていますが、レベル差があるのが実態です。そこで、賢明な見方・読み方からの対処法として、thunder 結果票で検査場所が同一機関であることを確認して比較することをお勧めします

コンピュータ出力では健診を受けた所と検査を実施した所が違う場合の区別が出来ませんので、検査を実施した所について質問されることをお勧めします特に中小の医院や病院の場合健診結果票には病院名が示されますが、検査は外注しているのが一般的で、質問される必要があります。外注検査が必ずしも悪いことではないのですが、外注検査所には高いレベルから段々と差があることも紹介しておきたいと思います。

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

|

« 朝青龍・メンタルヘルスの話題から | トップページ | 健康診断外注のうらばなし »

健康診断うらばなし」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216164/7709277

この記事へのトラックバック一覧です: 健康診断検査値うらばなし:

» おしりかじり虫 [おしりかじり虫]
[続きを読む]

受信: 2007年8月29日 (水) 22時01分

» 上部 [しかし]
は観光客など計 エンタテインメント 国連イラ... [続きを読む]

受信: 2007年9月 4日 (火) 03時31分

« 朝青龍・メンタルヘルスの話題から | トップページ | 健康診断外注のうらばなし »