« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

企業内精神健康管理のメリット・デメリット

病院や診療所の受診では数値や画像による説明がされますが、メンタルヘルス分野では数値や画像による説明がないのが特徴です。この分野は感覚的な要素への対応という特殊性があります。かたやメンタルヘルスの「治療効果」を客観的に議論する難しさもあると考えますが、あえて「治療効果」を客観的に議論する必要性があると問題提起したいと思います。そこで、今回は企業の人事担当者へのメッセージを書きましょう。typhoon

あなたの会社はメンタルヘルス対応を外部機関と連携し、社内の健康管理部門と連携しない別システムを立ち上げていませんか。このねらいはプライバシー保護を重視する点や専門職の生涯賃金の対費用効果面のメリットを考えたシステムとされています。しかし、運用面でのメリットに疑問点が出ています。typhoon

そのひとつに長期化の問題があり、「治療効果」への疑問があります。まず、産業医との連携がないため、医学的に治療方針の客観性が確保されていない点です。どの専門分野にも独りよがりがありますが、多分に独りよがりが強い点疑問が残ります。個人のプライバシーは守りつつ、客観性と透明性のある治療が必要ではないでしょうか。現状では長期化の実態が分からないままに、時間が経過していくことです。そしてこの問題を複雑にしている面には受診者の感覚があります。

typhoon

相談することの満足度と治療効果の満足度について、客観性と透明性で捕らえることが成立していない場合を多々経験しました。企業活動では一人一人が人財です。元気な個人個人が企業の財産です。そこで企業の人事・労務を担当する人は、元気な社員が日々企業活動に貢献できるサポート体制維持が必要となります。元気度が低下した状況の社員がいたら、早く元気回復・軽快治癒をめざすべきです。元気回復は社員にとっても重要なことです。

外部相談機関へ頼っていると、まったくブラックボックスになってしまいます。手法の有益性を検証する必要があります。企業の担当者は「取り組んでいること」と「問題解決すること」では、まったく異なることがお分かりいただけると思います。

key 「取り組んでいること」と「問題解決すること」について考える必要がある提案します。状況改善がなく長期化した事例について、単に取り組むだけでは有益ではないと考える必要があります。高い軽快治癒率など、問題解決型システムであることが重要で、問題解決の検討と実践そして評価を重視したシステム構築の検討をおすすめします。

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

| | トラックバック (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »