« メンタルヘルスで疑問 | トップページ | 健康診断結果表とメンタルヘルス:企業編 »

メンタルヘルス長期化問題:企業編

前に述べました、メンタルヘルスの長期化について、ここでは企業内のシステムを考えます。key 大都市特に東京では、福祉・共済の領域について国の行政レベルの範囲と思われるところが、企業の取り組み範囲になっているように感じます。職域保健では、近年メンタルヘルスが大きなテーマの一つになっており、人事部門のみならず労働組合も新たな部門の設置に動くなど、積極的な取り組み姿勢を示しています。また、他社の動きに遅れをとらないように、形態を整えている場合もあります。そして、いずれの場合も「メンタルヘルス」の相談窓口を設置したことで、一定の目的を果たしたと納得した状況に思われます。

hairsalon

しかし、今一歩踏み込んだ「評価」がもっとも重要ではないでしょうか。

近年、医学の分野は患者さんの意見を尊重した、よりよい医療の提供の考えから、情報公開に努めているようです。例えば、心臓や脳の手術をする高度医療専門病院では、手術をビデオに収め後日希望した患者さんへ渡すことや、医療関係者への公開審査資料とするなどがあるようです。このような情報公開の努力について、「メンタルヘルス」の分野では難しいところがあります。相談者の信頼感には、重要なキーワードとして「プライバシー尊重」があります。他の診療科目でも「プライバシー尊重」は共通しているわけですが、メンタルヘルスの分野では更に特別な意味で捉えられている状況があります。

key

例えばある事例では、カウンセラーへの信頼感が主治医よりも、はるかに強くなり、カウンセラーとの会話で投薬内容の話題まで出て、主治医とカウンセラー両者の面談が一体感のない分離した状況を経験しました。ここでは、有益でない信頼関係が成立してしまっているわけです。そして、長期化しています。この事例での問題解決には客観性と、よりよい医療の追求が必要ではないでしょうか。相談内容への傾聴は必要ですが、元気回復(治ること)が目標の筈です。

hairsalon

企業内システムでこのように長期化している事例に気づかない環境は、真の意味でのホスピタリティーを尊重した企業体質ではないと考えます。悩める人達が早く元気回復してほしいところです。企業で新たに設置されたメンタルヘルス窓口・担当者・専門家の仕事が無くなることこそ、この問題解決のゴールでしょう。仕事が増えることは不幸な状況です。日本の企業は業績や成果のフォローは得意ですが、メンタルヘルスについての業績や成果を見るような視点が不足しているように感じます。「プライバシー尊重」は大切です。そのことを包括した上で、メンタルヘルスでは「取り組んでいること」と「問題解決すること」の関連を熟慮する必要があると考えます。その企業のメンタルヘルスの評価をする第三者機関への「評価」依頼などが望まれます。ただし第三者の機関を探すには、知恵と労力を要することは確かです。この点をシステムの中に入れなければ不完全ではないでしょうか。

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

|

« メンタルヘルスで疑問 | トップページ | 健康診断結果表とメンタルヘルス:企業編 »

メンタルヘルス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216164/5994843

この記事へのトラックバック一覧です: メンタルヘルス長期化問題:企業編:

» 共通して反対するテーマ [定数]
イスラエル国内で イスラム教 議席増を狙う [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 03時23分

« メンタルヘルスで疑問 | トップページ | 健康診断結果表とメンタルヘルス:企業編 »