« 健康診断結果の医師メッセージを詠む | トップページ | 元気ですか »

検診と健診の違いを紹介

さて、前に検診データと表現しましたが、ケンシンには「検診」と「健診」の文字があることにお気づきでしょうか。thunder

例えば、

血圧測定には従来からの聴診器を使って測る方法がありますが、健康診断では全自動血圧計を使用している場合が多い現状です。一見機械化した近代的システムに見る人もいますし、大量迅速に処理する必要性がある場合には大いに有益ですが、専門医は使っていません。使用する条件などによるとの理解をおすすめします。

memo

結果表ではどちらの方法による測定であったかの鑑別が出来ます。本来血圧値は偶数で測定することが定義されていましたが、コンピュータ技術の導入で奇数表現をしている状況があります。そうです。偶数表現は人による測定で、奇数表現は機器による測定だと言えます。血圧の事例で紹介しましたが、人が関係する場合は健診、機械や紙などで行う場合は検診の文字が使われています。

もう一つの表現解釈に、現代はこころの健康を加味した保健師による面談手法も取り入れているなどから健診と表現するようになったいきさつもあります。

★あなたの1クリックを励みに頑張ります!
人気Blogランキング

|

« 健康診断結果の医師メッセージを詠む | トップページ | 元気ですか »

産業看護領域記事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216164/5324556

この記事へのトラックバック一覧です: 検診と健診の違いを紹介:

« 健康診断結果の医師メッセージを詠む | トップページ | 元気ですか »